働くことに魅力を感じていた専業主婦

自分の子供を生んで育てるというのは魅力的なことであり、特に女性にとってはその傾向が強いでしょう。子育てをしっかりと行いたいからといって、出産を契機にして仕事を辞めて専業主婦になるという人も大勢います。子供に愛情を注いで育てていくためには、仕事に時間を費やすよりも、子供のために時間を作っていくことが大切です。まだ子供が幼いうちにどれだけ愛情を注いであげられるかは、その子供がどれだけ豊かな心を持って育つかにも大きな影響を及ぼすでしょう。そのため、より良い子供に育って欲しいと願って職場を離れる女性が多いのです。しかし、泣く泣く職場を離れる決意をした女性の多くは、やはり仕事もしたいと考えるようになります。特に、子供が育ってきてあまり手間がかからないようになってくると、日常生活の中に暇ができてきます。その暇つぶしのために仕事をしたいと考えるようになるのです。子供が幼稚園や保育園に通えるようになると、日中にはまとまった時間ができることから、パートで働くことができるようになります。そうやって社会で仕事をするようになりますが、暇つぶしのはずが仕事に傾倒してしまうこともよくあることです。子供が学校に通うようになると、子育てよりもパートの仕事を重視してしまいがちになり、専業主婦となった頃の高い志が薄れてしまうことも珍しいことではありません。仕事にもともと魅力を感じていた人にとって働けることは嬉しいことであり、一度仕事を始めてしまうと本腰を入れたくなってしまうものなのです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です